点字使用者が読む速度は早いのか?

どうも。直也です。気づけばこんな時間、仕事帰りの方はお疲れ様です。

さて、今回は点字使用者が読むスピードって早いのかという話です。というのも、昨日とある人に、
「北村君って読む速度早いよね。晴眼者が文字読むより早いかも」といわれたんです。
確かに、私が読むスピードは早いです。今はわかりませんが、小学生のころ点字の速読テストで学年2位の1分330文字でした。ちなみに、点字で330というのは、ふつう文字で250から280といったところでしょうか。
この記録自体は個人差があるのでなんともいえないのですが、点字使用者にできなくて隅字使用者にできることがあります。それは神を1編に見渡すことです。そのため、点字のひとは初めて読む文章について先を予測できませんが、隅字の人はその問題は突破できます。という意味では、いわゆる初見台本は点字ユーザーはふりかもしれませんね。私も、初見はめっちゃかみます。
ですが、初見でなければエラー率に差はでないとおもいます。その理由は、読んだことのある文章は読んだ分だけ脳に記憶されるので、読みながら次の展開が創造できるからだと思います。こうなってくると、点字も隅字も関係ないのではないでしょうか。 あと、ひょっとすると、点字はすべてひらがななので脳内返還をしなくて良い、隅字は漢字の読みを脳内で返還するのにラグがあるというのも考えられそうですね。 とはいえ、隅字使用の人の気持ちは私にはわからないのでなんともいえないのです。
この件について何か面白いデータがあれば教えてください。
以上、最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。