私は今までもこれからもダジャレを投下し続ける






みなさんこんにちは、盲目のマルチプレイヤーにして、スベリアの直也です。
私のtwitterのフォロワーさんなら、「スベリア」というワードはなじみがあるかもしれません。
そう、私は日々twitterでダジャレを投下していますが、
そのダジャレが寒すぎて、後輩から、
「シベリアより寒い」
と言われたことがきっかけで、
「シベリアより寒くて滑る=スベリア」
という称号を私が作りましたw

いやあ、最初は笑ってほしくてダジャレ言ってたんですが、自分はスベリアだと割り切るようになってから、滑るのが怖くなくなりました。
もちろん、笑ってもらえることにこしたことはないですが、これはこれで私の一つの姿なのかなと思っています。

で、なぜ私がこりなくダジャレをツイートするのか?ということには二つの理由があります。
一つ目は、キャラづくりのためです。
もちろん、「おやじギャグ」と言ったりするぐらいですから、ダジャレは中年のおじさんが言うイメージが強いかと思います。
ですが、年齢にとらわれないやり方も大事なのかなと。
実際、私がダジャレを言うと、
「おやじかよ」
「若いのに」
「おやじになるよ」
などなど、それはもう冷たい返しが来ることもあります。
でもですね、それを言ってくるのはぼくの年上ばかりだし、単純に質の問題なのかなと。
つまり、高度なダジャレを言えばいいのかなと。
そして、定期的にダジャレをツイートすることによって、twitterでは滑ってるけど面白がってもらえていますし、ライブ配信では愛のある冷たいコメントをいただいていますw
少しずつキャラが確立されていますね。

もう一つは、面白さの基準って人それぞれで、スベリアのきっかけとなる「シベリアより寒い」というリプがきたのと同じダジャレを違う人に言ったところ、
それはもう爆笑してくれてですね。
笑ってくれる人がいて、私自身言葉についての文字の並びとかを気にするタイプなので、生かしていきたいなあと。

ということなんですが、この記事で、
「私はスベリアです。理由はこうです」
ということを伝えたいわけではなくて、
「ネガティブなことでも認めればブランドになる」
ということです。
もし、私が、冷たい返事ばかり着てダジャレを言うのをやめていたら、今のスベリアな私はないわけです。
これはなかなか大きくて、笑ってくれている人にたいするネタがなくなるし、ライブ配信のトーク力も変わってきたと思います。
でも、逆に滑るのを面白がって続けてきたことによりスベリアはブランドになりました。
よく、「コンプレックスは差別化の種になる」
という人がいます。
それは間違っていないと思っていて、
もちろん転載はすごいですが、
下から這い上がってきた人を、みんな応援したくなるものです。
だからこそ、「人と比べて違うところ」はうまくやればネタになるのです。
その昔、クラスの中心にいる人たちがすこし間違えたり、ふざけたことをして笑いが起きるシーンがありました。それも、ばかにするとかではなく、愛のある笑いです。
しかし、私が同じことをしても静かになるか、ヤジが飛ぶだけです。
だからこそ、話せば反感を買う自分が嫌いでした。
それでも、私は今人前で話すことが多いです。
それは、滑ることを怖がらず、逆に愛だと思えるようになったことで変わったのかなと。

というわけで、私は滑るダジャレを極めるのか、それとも滑りまくりだった私が滑らないネタを身に着けるのか、
今後の道はまだ決まっていませんが、これからもダジャレは定期的に投下していきます。
ぜひ、スルー以外の対応を引き続きよろしくおねがいいたします。
ではでは。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。