葉山隼人の青春は間違っている

みなさんこんにちは。盲目の声優&作家の直也です。
みなさんは、やはり俺の青春ラブコメは間違っているという作品をご存知でしょうか。
こちらは、彼女どころか友達すらいない主人公が、奉仕部という部活に入ることでいろいろな経験をしていくお話です。ぜひ、手に取ってみてください。
私が今回論じてみたいのは、その登場人物、葉山隼人についてです。1巻では影が薄いですが、徐々に主人公と対局する人間として登場します。

葉山隼人とはどういう人間なのか

葉山隼人は、基本的に誰にでも優しいお人好しな人と見られる男です。周りには男女関係なくたくさんの人がいて、彼の言うことはクラスメイト達に影響力をもたらします。
また、サッカー部部長ということで、後輩からの信頼も高いです。
友達すらいない主人公からはまさに対局という感じですね。

葉山隼人は間違いを続けている

顔はイケメン、人望も厚い。そんな葉山隼人ですが、彼の青春こそ間違っていると私は思います。
誰にでも好かれる人間は、基本的に自分の意志より、この場をどう収めるかで動きがちです。
争いをしない傾向にあります。
ですが、それだと本当に重要な時に意見をいうことができません。
さらに、葉山隼人という人間は、たくさんの女子に人気です。おかげで、誰かと付き合ってるようなうわさがたつと、学校中に広がります。
これですが、有名人でなくても、うわさは学校中に広がるものです。
つまり、このように評判の高い人間は、自由に恋愛することができないんです。推しが結婚したら悲しむ人がいるのと同じ理論ですね。
そんな学校生活が青春といえるのでしょうか。
一応、彼の場合は主人公のためを思って自分の意見をぶつけたりしますが、基本的に周りの顔色を窺いがちです。
そして、彼は主人公に言います。
「ぼくは君が思うほどいいやつじゃない」

そう、自分はこんないいやつじゃないのに、いいやつでいるしかない。彼はそう思っています。
こんな学校生活が楽しいわけがありません。その場では楽しくても、あとできっと何か感じるものがあります。
だからこそ、私は言います。
葉山隼人の青春は間違っている

最後まで読んでくださりありがとうございました。

デフラグって重要

みなさんこんにちは。盲目の声優&作家の直也です。
最近作家にも力を入れ始めました。
今回は、ITのお話。
みなさんはデフラグって知っていますか?
パソコンが遅くなったらすると早くなるあれですね。
では、なぜパソコンは遅くなるのか、そして、なぜデフラグをすると早くなると思いますか?それについてわかりやすく紹介します。

物語風に流れを伝えてみる

あるところに、1代のコンピュータがありました。そのコンピュータの中では、ハードディスクやメモリやCPUなど、いろいろなものがご主人様のために活動しています。
「おおい!ご主人様が新しく入ったプログラムを実行したいらしいぞー!俺のところにおいてあるから、実行頼むよ」
そういったのは補助記憶君です。補助記憶君はたくさんのプログラムを持っていますが、その中の一つを主記憶ちゃんに渡しました。
「わかった。これを実行すればいいのね。私のほうでやっとくわ。」
そして、主記憶ちゃんがプログラムを空いてるスロットに入れて実行します。
それから、ご主人様がいろいろなプログラムを実行するたびに、補助記憶君が主記憶ちゃんにプログラムをわたし、使われなくなったプログラムを主記憶ちゃんが補助記憶君に渡していきました。
ふと、主記憶ちゃんは気づきました。
「あれ、さっき1番のプログラムを使ったんだけど、2番と3番はすでに使われてるから、次は4番?」
さらに時間がたつと、
「えっと…次はどこからプログラム実行すればいいんだっけ?空いてるスロット探さないと…。えっと…。」
そうやって主記憶ちゃんが探している間にコンピュータは遅くなり、ご主人様がいらいらしていくのでした。
ご主人様は、いらいらしながらデフラグをしてみることにしました。…すると…
「そうか。空いてるスロットが整理されて、プログラムが実行しやすくなった。じゃあ、次はこのスロットね。」
このように、使ったスロットと使ってないスロットが整理され、主記憶ちゃんはまた空いてるスロットを探すことができるようになり、コンピュータの動きも早くなるのでした。めでたしめでたし

というわけでデフラグ大事

みなさんわかっていただけました?パソコンの記憶領域を整理するためにも、デフラグは大事だし、それをすることによって動作が早くなります。
デフラグは、windows10では、PC画面からプロパティ→ツールタブから実行することができます。
ではでは、私もデフラグしにいってきます。

一年越しの大勝負:ボイスサンプル収録

こんにちは。声優の直也です。
近いうちに、みなさんにうれしいお知らせができそうです。
で、今回はちょっとした近況の更新です。
昨日、1年に1度の1大イベント、ボイスサンプルの収録をしに行ってきました。
ボイスサンプルというのは、その名の通りボイスのサンプルです。私はこのような声で、このような演技ができますとアピールするものです。
アーティストさんが作るデモテープと同じようなものですね。
で、そのボイスサンプルを使ってオーディションを受け、合致した人が収録に臨むという流れになります。
ボイスサンプルの取り直しは年に1度なので、この収録が1年間の運命を左右することになります。
昨日とったものは編集が終わっていませんが、去年とったものを載せておきます。
ボイスサンプル
事務所経由だけでなく、自分でも仕事を獲得できるよう、これから精一杯動いていきたいと思います。
もし、声を充てることに困っている方がいれば、お声かけください。近いうちにホームページを公開します。
メールアドレス:naoyaoffice@gmail.com
twitter:noy_0207