興味があることには自分で飛び込んでみるのが大事



みなさんこんにちは。盲目のマルチプレイヤー直也です。
みなさんは生きている中で、新しいことに興味を持つということはありますか?
今までやりもしなかったけど、なんとなくやってみたいと思ったことはありますか?
そんなときは、新たな引き出しを増やすチャンスです。今回はそのことについてお話します。

興味を持った時は挑戦のタイミング

わたしはよく、いろいろなことに興味を持ちます。声の演技や小説執筆、プログラミングといった現在仕事にしていることも、もとはといえば昔から興味をもって始めていたことです。
それ以外にも急に英語を勉強したくなったり、数学やろうかなあって思ったり、とにかくいろいろなことに興味を持ちます。
何かに興味を持つときというのは、何かについて詳しく知りたい、自分のものにしてみたいと思うときです。つまり、

  • 英語が話せるようになりたい
  • 数学を勉強して、コンピュータの深いところを知りたい
  • 九州地方の歴史をしっかり知りたい
  • などなど、新しいことを知りたいという欲求を満たそうとしている状態です。
    言い換えれば、引き出しを増やすときです。
    つまりは、新しいことへの挑戦なんです。

    掘り下げたら興味がなくなるかも?という恐怖

    それでも、実はうまくいくことばかりではありません。
    興味があると思って掘り下げてみると、実は自分にとってはすごく難しいことを考えるのが必要だったり、想像していたものと違ったということがあります。
    そういうことを1度経験すると、人間は新しいことをするのが怖くなっていきます。どうせ長続きしないんだから、という思考に陥ります。
    みなさんも経験があるのではないでしょうか。
    「これやりたい」といっても、
    「あんたどうせ長続きしないんだから」と親や先生に言われるケース。
    このようなな恐怖とは、どのように付き合っていけばいいのでしょうか。

    まずは無料で情報を調べてみる

    最近ではインターネットが発達していて、波の情報なら無料で調べることができます。
    何かに興味を持った場合は、インターネットで調べてみるといいでしょう。

    ネットが信用できないなら図書館へ

    インターネットは不特定多数の人間が書けるから信用できないと思う人もいます。そのような人は、本を文献にしてみるといいでしょう。
    本は塾やセミナーに比べたら低価格で買えますが、無料で読みたければ図書館に行くのがいいです。
    図書館で試しに借りてみて、自分のものにしたい本に出合ったら、初めて買うのもありです。

    レンタルを利用する

    これは楽器のようなものにありがちですが、ピアノを始めたいといっても、ピアノがないからできない、高額だから買えないといったことがあります。
    その場合は、レンタルスタジオを利用してみましょう。スタジオによっては楽器の貸し出しがあります。
    スタジオも、昼に使えば安く借りられるところもあります。
    レンタルで使ってみて、本格的に極めたいと思ったら、バイトするなり親に相談するなり仕手、本格的に購入すればいいです。

    まとめ

    新しいことを始めるのは勇気がいります。それでも、興味を持ったら始めて見るべきです。
    そこに飛び込んでも自分にとって不利にならない土台を作っておく。
    まずは大きなことをせずお試し感覚で始めてみる。
    こうしておけば、みなさんも興味を持ったことに入り込みやすい環境になるとおもいます。
    ぜひ、芸術系を始めたら、自分の成果をライブや展示会で披露する、コンテストに出してみるといたことをしてほしいですね。
    それ以外の勉強面であれば、調べたことをアウトプットして、インターネットで検索されるサイトでも作ってほしいです。
    そうしておけば、もっともっと情報があふれて楽しい世の中になります。
    みんなで、楽しい世界を作っていきましょう。

    カスタマーサポートがしっかりしてる企業はリピートされやすい



    みなさんこんにちは。盲目のマルチプレイヤー直也です。
    みなさんは製品を購入することがあるとおもいますが、購入した製品にトラブルがあったとき、もしくは使い方がわからなくなったとき、カスタマーサポートを利用するという選択肢があります。
    そんなカスタマーサポートですが、其のしつは企業によって、もしくは人によって様々です。
    それでも、カスタマーサポートがしっかりしていたほうが、其の企業の信頼感は上がり、リピート率も上がります。
    どんなサポートをすれば信頼感があるのか、わたしの経験を交えながら解説します。

    問い合わせをどこまで深刻にとらえるかで変わる

    みなさんが問い合わせをするときは、ちっちゃなことでも、困っている時だと思います。そんなときに、カスタマーサポートの相手が、「こんなことで」とおもていたらどうでしょうか。
    カスタマーサポートに限ったことではないですが、相談の内容を深く受け止める。其の上で自分なりに考えた解決策を提案する。サポートする側は、常に相談者の気持ちに寄り添う必要があります。

    不安に刺せない

    これはサポートをお願いすると、たまにあります。相手も解決策が見当たらないケースです。其の場合は、わからないなりにあたふたしているところを見せるのではなく、少々お待ちくださいと言ってわかるひとに確認することをしてほしいです。
    それによって時間も削減されるし、相談する側も、その場で悩まれるよりは安心します。

    相談内容を適切な部署に連絡する

    これはメールの問い合わせであることですが、こちらは技術的な話をしているのに、カスタマーサポートの中で完結させて、できませんと返事を出してくることがあります。
    本当にそこで完結していたのかは謎ですが、メールの文面からしてそうでした。
    確かに、オペレーターが適切な判断をするのも大切ではありますし、全員の要望を聞いていられないという事情もわかりますが、問い合わせがあったことについては、適切な部署に連絡をしてほしいです。

    すばらしかった対応の実体験

    私は、先ほど音声読み上げに不具合がでたので、アップルのカスタマーサポートに連絡をしました。
    すると、いくつかの方法を試して改善が見られるかテストするように促され、オペレーターのいうとおりパソコンを操作しました。しかし、変化なし。
    ダメな問い合わせであれば、「改善します」で終わります。
    しかし、アップルは、パソコンのログをとって、エンジニアにチェックしてもらうという方法を提案してきました。しかも、ログのとりかたまで丁寧に説明していただき、これから何度かに渡って進捗報告んご連絡をいただけることも約束してくださいました。
    とくに対応が雑とか、不安になることもなかったし、システムの問題かもしれないからエンジニアにつないでくださるという対応がすばらしかったです。
    正直、アップルのコンピュータを最近使い始めて、使い始めたと思ったらアップデートで不具合が出ていたので、継続はどうしようかと思っていたのですが、今回の対応で、アップルのコンピュータはリピートしたいなって思いました。
    これから、問い合わせには真摯に応じたいものです。

    まとめ

    製品を提供している以上、問い合わせというものはきます。中にはよくわからない問い合わせもあるかもしれません。
    そんな中でも、お客様に真摯に向き合い、一つ一つ問題を解決しておくことが、最終的な製品のリピート率を上げることに繋がります。
    ぜひ、つかていて気持ちがいいカスタマーサポートを目指しましょう。

    なぜ声優・作家・エンジニアなのかー視覚障害者の娯楽の視点から考えた夢



    みなさんこんにちは。盲目のマルチプレイヤー直也です。
    わたしは声優・作家・エンジニアという三つの肩書きを合わせてマルチプレイヤーとして活動していますが、なぜその三つなのかは明確な理由があります。今回は自分語りとしておつきあいいただければとおもいます。

    声が大事だと思ったから声優を目指す

    これは最近言われることですが、声優さんの声がみんな同じに聞こえる視聴者がいるそうです。わたしからすればそんなことはないはずなのですが、そのような意見を持っている人もいます。
    わたしが通った養成所の先生の話だと、声優だけでなく、絵の問題もあるということなのですが、とりあえず声優の声が似てきているようです。
    わたしはその問題が出る前から声優を目指していますが、視覚障害者だからこそ声には注目しているし、敏感になっているつもりです。だから声優を目指そうと思っていました。
    人が注文する声を出せる声優って魅力的じゃないですか?わたしはそんな声優になって、みなさんの癒しになりたいです。
    ところが、実際はそんなことなくて、まだまだダメ出しをされる日々です(笑)
    実は、視覚障害者の音に敏感というのは、意外と人からの注文を受けられる対応力のことなのかもしれませんね。それもあるからか、レッスンの時に1回目ははちゃめちゃなことをしていても、3回ほどやればとりあえず合格ラインには行きます。
    このまま走っていくので、みなさん見ていてください。

    文字だと伝わる表現があるから文字で伝える

    作家と名乗り始めたのは最近です。むしろ、きっかけというのはコンテストにだしたからでした。
    これが、やりはじめてみると意外と面白いんです。動画でやっていても視覚に障害があると伝わらないし、前に記事に書いたように、声だと聴覚に障害を持つ人には伝わりません。さらにいえば、アニメやドラマの媒体で、主人公の心の中をうまく描写するのって難しいんです。会話が多いので。
    そこで、わたしは小説という媒体に注目しました。小説なら会話より描写が多いこともある。1人称視点で書けば、主人公の気持ちを書くことができる。そう考えたわけです。
    最初は、自分が作家なんてなれるのか不安ではありましたが、今ではいろいろな作品のアイデアも思い浮かび、充実した日々おをくっています。

    便利なものを作るエンジニアに

    視覚障害をやっていると、コンピュータ関連で壁にぶつかります。前回のフリーランスの話もそうですが、ゲームができなかったり、なんかアプリが使えなかったりと問題は様々あります。
    まずはその問題を解決したいと思いました。さらにいえば、みんなで便利な世の中にしていこうぜと。
    AIが人間の仕事を奪うと話題になっていますが、AIも使い方を考えれば強力な味方です。ぜひ、AIと共存していこうじゃないですか。
    そして、わたしはいつか自分の小説をゲームにしたいです。やっぱり、小説だと伝わらないこともあるので、実際にプレイしてほしいなと。

    最後に:挑戦は始まったばかり

    こんな感じで、ひたすら挑戦を続けています。まだまだ始まったばかり。これからどうなっていくのでしょうか。
    twitterで途中経過を随時配信していくので、みなさんみてくださいね。
    一緒に旅しましょう。