視覚障碍者が移動において親離れをする



こんにちは。盲目のマルチプレイヤーの直也です。
前々回の記事で、視覚障碍者はまずは両親の手を借りるのは最低限にして、どんどん一人で出かけていくのが大切だと述べました。
しかし、親は子供のことが心配だし、子供もついつい親を頼ってしまうもの。それではどうしたらよろしいのでしょうか。
今回は、わたしの経験をもとに、両親を安心させ、一人で移動d着るようになるステップを紹介します。

まずは電車の移動だけでも一人でやってみる

最初は最寄り駅まで一人で行くのも大変です。道がわかっていなければいけませんし、一人で信号を渡るのも難しいかもしれない。
そんなときは、両親に最寄り駅まで送ってもらうことになるかもしれませんが、まずはそれでいいです。
「両親と目的地まで向かう」ことと、
「両親と最寄り駅まで向かうこと」は違います。

電車の移動であれば駅員のサービスも使えますし、まずは両親に駅まで送ってもらう→駅員さんの介助を使って電車移動→最寄り駅で待ち合わせ
でもいいとおもいます。
私が一人移動を本格的にするようになったのは中学生のときでした。
小学生の終わりから、視覚障害を持つ大人たちとバンド活動をしていて、バンド活動以外にもいろいろな話をしたのですが、一人で移動することの大切さを教えられました。
目的地まで親と行くようじゃだめだ、せめて自宅の最寄り駅までにしなさいと言われたのです。
正直、「この人たちは何を無理なことを言っているんだ」と思いましたね。
基本的に知らないところを一人で歩くのは怖かったし、視覚障碍者は見える人といssyじゃないといけないとおもっていましたから。
その時は、弱視のひとも一緒にいて、全盲の人は弱視の人についていくというのが当たり前になっていたので、全盲の人が一人で歩くところをぼくは知らなかったんです。
ところが、ある日、ぼくが全盲の人に駅の改札まで連れて行ってもらったことがあって。その時に、点字ブロックの有効な使い方を教えてもらいました。
初めて一緒に歩いたときは衝撃でしたね。全盲が全盲を案内している、みたいな。
その経験を通して自分でも動こうと思えば動けることを知ったぼくは、すこしずつ両親の手から離れ、移動距離を伸ばしていけるようになりました。

盲学校の寮に入って一人で行動しなければいけない状況を作る

これは意外といい方法です。中学生のころ、あまり一人で物事をこなすことができなかったぼくは、付き添いの先生から、
「寮に入って大丈夫?」
といわれていました。
しかし、これまた入ってみればなんとかなるものです。
わたしが行った日本で一番大きな盲学校は自立のためのサポートも充実していて、わからないことは教えてくれるし、入学していきなり歩行指導があります。
その歩行指導も、学校の周りや帰省ルート、すこし遠出をしてみたりと様々なものがありました。
最初は一人で外出や帰省をするのに制限がかけられますが、歩行指導をしてくれている先生から許可が出れば、これらは自由に行えます。
そのような支援体制が整っていたので、中学から高校に進学して、わたしの移動距離は格段に伸びました。
とくに、寮にいる間は買い物だけでなく、門限に間に合えば他県への遠出も自由になりますから、実家にいるときには両親に心配されそうな長距離の移動を行うこともできます。
また、私の場合はよく長距離の移動をする鉄道おたくの先輩と仲が良かったことも一人で移動ができるようになったきっかけの一つです。その先輩に、手すりの点字表示の有効性や、案内を使わずに一人で冒険する重要性を教えられました。
出会いは自分でコントロールできるものではありませんから難しいところもあるかもしれませんが、参考になりそうなノウハウを持っている知り合いにはぜひ絡みに行きましょう。
というか、このブログにコメント、メッセージくだされば、わたしでよければお返しします。
もちろんtwitterでも大歓迎です。

実際に移動しているところを見せる

これは盲学校などでトレーニングをしたあとに有効です。
両親は、子供たちがどれぐらい進歩していたのかをなかなか知らないものです。そういうときは、実際に歩けるところを見せればいいのです。。
自分はもうこれぐらいできるから大丈夫だというところを見せることができれば、両親もおのずと納得してくれるはずです。
わたしの盲学校では、帰省ルートの練習をしたあと、実際に歩いて帰省する姿を両親に見せろという課題を出されます。
そのとき、まあ疲れなどが重なってすこし失敗はしましたが、それを境に両親は安心してくれたのかなとおもいます。
結局、人は証拠がほしいんですよね。できることもできないことも、事実よりも、経験から基づいた事実が欲しいのです。
この記事も、そのために書いています。2回にわたって書いたノウハウだけではピンとこないと思ったので、わたしの経験をこうやって書いています。

まとめ

両親の説得は永遠の課題dす。
どうしても、心配sる気持ちというのはなかなか払しょくできないもの。
それでも、一人でどこへでも移動できる能力は必要だし、あると世界が広がります。
わたしも、一人で移動をするようになってから、多くのことを学びました。
道に迷ったこともあります。
よくあからないところに入り込んで、なん十分も時間のロスをしたこともあります。
それでも、ひとりで移動したことによって、普段はない発見をしたり、自立できた感覚があって、生きてるここちがします。
みなさんも、そんな新しい感覚を味わえるように1歩を踏み出してみてください。
それから、視覚障害当時佐の親御さんへ。
子供たちは、1歩を踏み出そうとしています。もちろん、援助が必要ななこともあるかもしれません。
それでも、まずはすこし手を差し伸べる範囲を狭めてみて、自立を促してみてください。
きっと、親子そろって前に進めます。
これから楽しいところにたくさん出かけていきましょう。

視覚障害による移動の困難をITで解決する



みなさんこんにちは。盲目のマルチプレイヤーの直也です。
今回は視覚障碍者の移動関連記事の2回目です。
最近はスマートフォンが発達してきたおかげで、事前調査ができるようになりました。
また、当日GPSを使って歩行の助けをしてくれるアプリが多数登場しています。
今回は、視覚障碍者の移動をITで解決すると題し、出かけるときに使たほうが良いアプリについて紹介します。
なお、移動の困難をコミュニケーションで解決すると題した
こちらの記事
を先に読んでいただくことをお勧めします。

事前の準備:交通手段を調べる

みなさんは、出かけるときにどのくらい準備をしますか?
「待ち合わせ時間はなんとなく決まっていて、たぶん2時間ぐらいかかるから、これぐらい早めに出ればいいかな?」
とざっくり考える人、
「待ち合わせ時間の5分前につく電車を調べておこう」
いった感じで事前に準備をする人など、それぞれやり方はあるとおもいます。
ですが、視覚障碍者は大前提、路線図や時刻表を簡単に確認ができないので、よっぽど余裕がない限りは事前に調べておくことになります。
わたしも、普段出かけるときは事前に電車の時間を調べておきます。その場所に行くのが2回目・3回目になってくると、だいたいどれぐらいかかるかの予想がついてくるので、電車の時間は調べなくなります。
事前に交通機関の時間を調べておくと、そこに逆算して動くことができるので便利です。
その調べ方をご紹介します。

乗り換え案内系のアプリで目的地までのルートを調べる

最近では乗り換え案内に対応したアプリが増えてきました。
乗り換えナビタイム、ヤフーの乗り換え案内などです。
これらのアプリは、搭載機能にすこしのずれがありますが、もとは同じです。
出発地と目的地、必要ならば経由益を入力。何時に出発するか、あるいは到着したいかを入力して検索すれば、適切な電車を教えてくれます。
アプリによっては、何両目に乗れば乗り換えをしやすいかまで教えてくれます。
また、アプリのいいところは、徒歩の速度を調整できる、何本か前まで表示できる点です。
たとえば、乗り換え時間が5分と設定されていて、5分じゃできないなと思ったら、1本前を見ればいいのです。そうすれば、1本前にはこの時間についているから、乗り換えに何分かの余裕がさらにできたことがわかります。
それで乗り換え時間が早まったとしても、1本早い電車に乗るだけなので、たいした痛手にはなりません。

バスや徒歩ルートはマップアプリで

乗り換え案内は、電車に対応したものが多く、地元のバスや徒歩ルートには対応していないことがほとんどです。
その場合は、マップアプリを利用しましょう。
わたしは、もっぱらグーグルマップを使用しています。
グーグルマップであれば、地元のバスの情報や、最寄り駅からの徒歩ルートを調べることができるので、楽です。
グーグルマップの使い方は後述します。

当日:安全に目的地に向かう

事前の準備をしっかりして当日です。
準備をしつつ、当日の使い方が移動をどれだけ楽にするかを左右します。
これから紹介するものは、同時に使わなくて良いものもあります。
自分が必要なものだけを使ってみてください。

駅員さんの案内を使用する

昨今の視覚障碍者のホーム転落事故の影響を受け、各鉄道会社では積極的に駅員さんが乗車・降車の案内をしてくれます。
これであれば、晴眼者というだけではなく、その駅に精通した人が案内をしてくれるので、安全かつ確実に目的地にたどり着くことができます。
駅員さんが案内できるエリアには限りがありますが、少なくとも改札までは安全です。
わたしは、急いでいるときはよく案内を使用していました。また、駅が複雑だとわかっているときも同様です。
どこの出口に行きたい窯で教えれば、場合によっては出口まで案内してもらえるので、間違った出口から出て迷うことを防げます。
しかし、この方法には一つだけ問題があります。
それは、駅員さんの状況によっては長時間駅で待たされてしまうことです。
これは一定の路線で顕著ですが、案内用の駅員さんの手配に時間がかかり、たまに思うのは、一人で探しておいたほうが早く着くのではないかという時もあります。
そのため、時間が急いでるから駅員さんを使うという方法はあまり現実的ではないかもしれません。
それよりは、複雑だからとか、単独歩行の経験があまりないからという理由で駅員さんのサポートを利用したほうが、余計な不満を感じずに済みそうです。

早めに家を出て、一人で歩いてみる

これが、駅員さんを使わずに移動する方法です。
意外と、ネットで調べていると何両目に乗れば階段が近いみたいな情報は出てきます。
最近の電車はドアに点字で何号車南蛮ドアの表示がありますから、それをうまく使っていきましょう。
ちなみに、ぼくが本当に困ったときは、あえて一番前か一番後ろにのります。
こうしておけば、まず降りてどっちに行くかという悩みをなくせるからです。
そして、歩いてるときにもう一つポイントになるのが、手すりの表示です。手すりの点字表示を見れば、階段を上り下りした先に何があるかを知ることができます。
あるものはぜひ使っていきましょう。

最寄り駅についたらグーグルマップ

最寄り駅についたら、いよいよグーグルマップの出番です。
グーグルマップの良いところは、リアルタイムに進んでいるルートがあっているかがわかるところです。
ただし、たまにですが、グーグルマップ通りに行ったら逆に遠回りになってしまったということもあります。
それは、その目的地に何度も行ってから、近道をできるルートを覚えて行けばいいと思います。

どこの出口から出るかは事前調査をする

駅員さんに案内を頼むところでも述べましたが、駅は複雑で、出口が複数あるところがあります。
その駅で事前調査をせずに別の出口から出てしまうと、道に迷うだけでなく、なんともいえない感覚に襲われます。
インターネットで調べる、駅員さんに聞く、目的地に電話するといった作戦で、出口の場所は把握しておきましょう。
これは前回のコミュニケーションの記事につながることですね。

歩くときは、コンパスを使用する

グーグルマップを使用すると、最初に出てくる表示は、「西に進む」などです。
「西とはどっち?」となると、混乱してしまいます。
私は、まあ駅から出たら右か左しかないでしょうと思って、どちらかに進んでみて、後述する方法で道があってるか間違ってるか調べて動くタイプなので、コンパスはあまり使いません。
それでも、アプリとしてあるのだから、使うのは有効です。
ただし、使う時に気を付けなければいけないのは、コンパスアプリの使い方です。
端末のどちら側を基準に、東西南北を判断しているのかは確認しておくといいでしょう。
これをしないと、実は逆に進んでいた、なんてことにもなりかねません。
まあ、その場合は表示を見ていればすぐに気づくことなので、この後の内容もしっかり読んでいただければ痛手にはなりませんが。
でも、移動するのはスムーズなほうがいいとおもうので、コンパスを使う場合は、基準を調べておきましょう。

表示をこまめに確認し、方向があってるか間違っているかを念入りに確かめる

ここが、グーグルマップを使う上で一番のポイントです。
グーグルマップでは、
「30メートル先、横断歩道を渡る」
などの表示が出ます。そして、その表示は、リアルタイムに変化していきます。
そう、リアルタイムに変化していく、という事実が大事です。
つまり、ちゃんと進んでいれば表示は20メートルに減るし、逆に行っていれば40メートルになる。どちらにも行っていなければ、30メートルのままです。
これを使わない手はありません。
あと、もう一つ重要なのは、目的地までの予想時間です。
それが減っていれば、確実に目的地に近づいている証拠です。
たまに、駅員さんに目的地までの生き方を聞くと答えてくださるときがあります。
しかし、その行き方はグーグルマップが想定したものとは違う行き方であるときがあります。
そんなとき、何メートル進むの表示は変わっていないけど、目的地まで淘汰酢する予想時間が5分から3分に減っていたとわかれば、
「あ、グーグルマップが示したやりかたではないけど、目的地に近づいてるんだな」
と理解して安心して進むことができます。
この二つの情報をうまく使って、目的地の周辺まで行くのが、ITを使った視覚障碍者の単独移動です。

途中で人に声をかけられたら画面を見せて目的地を伝える

これも、グーグルマップを使う利点なのですが、道がわからないとき、もしくは歩いている途中に誰かに声をかけられたとします。
そしたら、行きたいところを伝えたうえで、グーグルマップの画面を見せましょう。
相手がグーグルマップをよく知っている人であれば、その場所まで連れて行っていただけることもあります。
どうしても、視覚障碍者と晴眼者では道の覚え方が違うため、視覚的に提示してあげたほうが、うまく伝わりやすいです。
どうせマップを使って歩いているのですから、画面をしっかり使いましょう。

案内が終了したら目的地に電話をかけて探してもらう

これは、グーグルマップの案内は、その場所の近くに来たら終了してしまうので、場所がわからなかったら、目的地に電話しよう、という話です。
グーグルマップでだいぶ近くにきているので、電話して探してもらえば、すぐに担当の方に見つけてもらえます。
もちろん、それらしい建物がそれしかないのであれば、ドアをたたけばいいとおもいます。

まとめ

ここまで、ITを使った移動について解説してきました。
しかし、ITだけで移動を解決するのは困難です。
この記事を書きながら、結局はコミュニケーションだな、と思いました。
ITとコミュニケーションを使いこなし、たくさんの外の世界を知ることができる視覚障碍者が増えればいいなって思っています。

視覚障害によって困難な移動をコミュニケーションで解決させる



みなさんこんにちは。盲目のマルチプレイヤーの直也です。だいぶお久しぶりになってしまいました。
発信内容の迷子になっていたため、いろいろな方のアドバイスをもらっていました。
今日からそれをアウトプットしていきます。
さて、「視覚障害は移動の障害である」とわたしは思っています。
どこにいくにも、道を覚えなければ確実にたどり着くことはできない。
手がかりの看板や風景を見ることができない。
などというように、視覚障碍者は晴眼者が簡単に行う移動について、障害となる要素が多いです。
しかし、それはコミュニケーションとITで補うことができます。
今回は、私の経験から、移動をコミュニケーションで補うやり方をご紹介します。

大前提に大事な二つのこと

まず、行動するかが大事

わたしは、主に高校生のときから、いろいろなところに出かけるようになりました。
オフ会、イベント、一人カラオケなどなど。
出かけたところの数は数えきれません。
現在であれば、オンラインサロンに参加し、サロンのイベントに積極的に行っています。
これらの話をすると、「行動力がある」と評価されます。
しかし、ぼくはこの件について、行動力があるかないかではないと思っています。
大前提として、自分が行動したいかしたくないか、それだけです。
みなさんは、好きな芸能人はいますか?
もしいるなら、好きな芸能人に会えるイベントには、積極的に足を運びますよね。その時は迷いもないし、地方のひとであれば、東京に行けるようにお金をためたり、家族を説得したりしているとおもいます。
視覚障碍者でもそうです。移動の障害を乗り越えるノウハウを知ったところで、行きたいところがなければ行動しませんし、逆に何も知らなくても、行きたいと思えば自分から情報収集するはずです。
今はネットが流行っていますから、情報を集めたり、SNSを使って同じ境遇の人から話を聞くことも簡単です。
結局のところ、自分が行動したいか、したくないか、それが大事です。
行動するきっかけはなんでもいいです。
推しに会いに行く。
友達と遊ぶ。
人には言えないピンク系なお店に行く(笑)。
これ以降の内容は、それこそ、「行きたいところはあるけどどうしたら」というときに情報を探すためにこのサイトに訪れた気分で読んでみてください。
視覚障害当事者でない方は、わたしの工夫を知っていただければ嬉しいです。

親の力を借りるのは最低限に

中学時代までのわたしは、移動に両親の力を頼っていました。
もちろん、当時の私に能力はありませんでしたし、両親もわたしのことが心配だったので当然といえば当然なのですが、これはよくなかったことを後々知りました。
両親の力を借りると、自律できません。
両親というのは、子供が生涯を持っていると過剰に心配しがちです。わたしのところもそうでした。
夜が遅いだけで心配になったり、最初は遠くに一人で遊びに行くだけでも心配になるものです。
しかし、そのままではいけません。自分は大丈夫ということを伝え、出かけるときはなるべく一人でか両親意外と出かけるようにしましょう。
1回目は大変かもしれませんし、こまめに連絡をとったりしなければならないかもしれませんが、両親の助けは最低限西、基本的に自分一人で出かけることを前提にしてください。

一人で出かけるときにしておくといいこと

相手方と積極的に連絡を取る

こちらは、出かけるときは必須です。
誰かと会うならその相手と、イベントに参加するなら主催者と、ライブや一人旅なら主催団体、もしくは会場に。
相手方と連絡をとっておくと、いい時は駅から誘導をしてくださったり、それができなくても行き先までの生き方を教えてくれます。
わたしはtwitterで見かけたアーティストのライブに行く時があります。その時に、twitterでつながっているアーティストさんに直接連絡をとってみると、
グループであればメンバーの一人が駅まで迎えにきてくださる。
個人であればスタッフがいればスタッフさんが誘導してくださる。
誘導はできなくても、ライブ会場までの道順を教えてくれる。
ライブ会場で声をかけてもらえる
といったことがあります。
一人で初めてのところに行くのは不安ですが、その不安な理由というのは、生き方がわからないからたどり着けないというのが大半です。
もし、
「エレベーターを出て左に行って、信号を二つわたってから2件目の建物」
などと言葉で説明をしてもらうだけでも、安心感はありますし、その通りに進んでいれば近くにはいくことができます。
実際、わたしは2014年の末にアイドル主催の忘年会に参加した際、
参加したいことを伝えたところ、わたしが視覚障害であることを知っているメンバーの方から、細かい道順を教えていただけました。
それを頼りに当日歩いていると、その途中で前にライブで会ったことがあるファン仲間と出会い、無事に会場にたどり着くことができました。
駅まで迎えに来てくださいというと断られてしまうこともあるかもしれませんが、積極的に相手に連絡をとることによって、ヒントを得ることができます。

事前に同じ行先に行く人と仲良くなっておく

これは、SNSが普及してきた昨今だからこそ使える方法です。
たとえば、あるアイドルを応援しているとして、ファン仲間をtwitterで探します。ファン仲間と仲良くなる方法については別記事で解説しますが、この場合の仲良くなるの定義は、お互いがお互いの名前を憶えていて、話すことができる仲だとします。
仲良くなり、いざライブが告知されたときに、
「○○ライブ、参戦しますか?」
と質問してから、イエスの返事がきた場合は、自分も一緒に行って良いか聞いてみましょう。
定義した関係になっていれば、よほどの事情がない限りOKと言ってくれるでしょう。
もちろん、ライブに一緒に行ってほしいから仲良くなるというのは、目的と手段が逆になっているのでNGです。
好きなアイドルについて語れる、一緒にライブ参戦できる仲間を探すという意味でSNSを駆使して声をかければよいのです。
これがアイドルのイベントではなく、なんかの勉強会やオフ会だった場合は、参加者にコンタクトをとってみましょう。
わたしは最近オンラインサロンというものに参加していて、オンラインサロン関連のイベントに行ったりしますが、クローズなコミュニティーであるからこそ、みなさん優しくて駅から一緒に現地に向かってくれます。
自分の障害のことをしっかり伝え、ご迷惑でなければご一緒していいですか?とお願いすることができれば、移動の障害はクリアできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
視覚障害を持っていると、移動に対して躊躇しがちですが、すこしの工夫で問題が解決し、視覚障碍者もがんがん外に出ることができます。
今回のおさらいは、
まず、行動したいと思うことが大事。
両親の力は最低限借りる。
相手と連絡をとる。
一緒に参加する人がいれば、仲良くなって目的地まで一緒に行ってもらえるようにお願いする。
です。
これから、自分の行きたいところに自由に行ける視覚障碍者が増えますように。
あ、ぼくから、「一緒に目的地まで行っていただけませんか?」と依頼がきた晴眼者の方(主にサロン仲間の方)、その時は心優しく受け入れてあげてください(笑)