わたし、またもや限定ポジになりました!みなさんこんにちは。「見えないからできないことはITとコミュニケーションの力で解決!!」こと、北村直也です。夢って見るの大事ですよ。

自分が世界征服をするとか、有名なアイドルになるとか。
伝説の勇者になって世界を救うとか……。

おっと、物語の話は別の機会に渡すとして。
聞いてください!!
僕、日本人でまだ5人しか持っていない称号を手に入れたんですよ

その名も、
NVDA Expert certification

ちゃんと、サイトに名前も載ってるよ!

で、これが何の視覚化というと、
視覚障碍者向けの画面読み上げソフト、「NVDA」のエキスパートですよっていう資格です!!w
要するに、「NVDAのことはこいつにお任せ!!」っていう資格なわけですね。

現在、世界中に広がり始め、ちゃくちゃくと取得を始める人たちが増えております。
それで、今回私が日本人5人目の取得者だということです。

最近は資格の世の中です。いろいろな資格が出回り、
「ぶっちゃけ、何の資格が就職に有利なの?」
と思っている方も多いと思います。

IT系でいうなら、国家資格であるITパスポート試験をとっても気休め程度にしか思われない企業だって多いですし、
だったらプログラミング言語関連の特定の資格をとってアピールしたほうが良いことだってあります。

ですが、考えてみてください。
もし、ITパスポートを取得した人が高校生だったら?
なんなら小学生ぐらいだったら?

もし、英検の2級に受かっている日本人が、全員で二けただったら?

そうだった場合は、見方も変わると思うんです。
「あいつ珍しいな」
と思われることでしょう。

私が今日伝えたいのはそこです!
なぜ、声優をするの?
なぜ、新しいことが好きなの?
って聞かれたときには、
「珍しい人になりたいから」
と、答えるようにしています。

絶対数が少ないほうが、その内容が、大雑把に見て社会的にはあまり必要とされていない能力だったとしても、必要な少数の人たちが声をかけてくれるかもしれない。
私はそのポジションを目指しています。

そして、その先に、
「見えないからできないことはITとコミュニケーションの力で解決できる」
という言葉の信ぴょう性が伴うのかなあと、信じています。

あ、そうそう。
みなさんも、数少ない私のファンです。
何年かたったときに、私の昔を知りたい人と接触したら、
なんか役に立つかもしれませんね(w)

そんな冗談はさておき、
「私も続くのじゃ!!」って思ってくれた方は、
ぜひご連絡ください。
NVDAを含め、ITパスポートや英検といった試験は、傾向がわかってきて答えられます!

ではでは、今後とも応援をよろしくおねがいします。

夢見る男子

10月13日キャチスタ 「語尾にゃんデビューから分かったこと」

みなさんおはようございます。見えない感情を聞く!伝える!マルチプレイヤーの直也です。
台風も去り、平和が戻った地域、まだまだ時間がかかりそうな地域、いろいろありますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私はとくに被害もなく、台風の通過中は外出ができないこと以外は通常通りでした
むしろ、昼頃に行った配信をもっとすればよかったと後悔しています。

さて、台風から1夜開けた10月13日24時。調布FMにてキャチスタが放送されました。
2週連続で私が出演させていただいたんですが、普段のトークとは違ってなかなかにカオスな企画をしたので今回はその企画を通じて得た経験をシェアします。

人生初の語尾にゃん

10月13日キャチスタでは、すごろくゲームと題して、放送メンバー以外のキャチスタメンバーが作ったすごろくゲームで遊びました。
どこに停まっても罰ゲームという、進むのを楽しむすごろくというよりかは、進んでドキドキするすごろくゲームでした。

で、ですね。その中に、ネットなどで話題の、「語尾にゃん」があったんですよ。
語尾にゃんを知らない人のために説明しておくと、語尾に必ずにゃんを付けるという物です。
つまり、語尾にゃんを実践してみると、こうなるんだにゃん!!

自分でも意外なのですが、ネットの演技界隈にいたわりに、語尾にゃん経験は初めてなんですよ、たぶん。記憶しているかぎりで。
わりと早めに要求されるはずなのですが。男性は意外と言われないのかな。

かわいくなくても全力なら面白い

先ほど、男性はそもそも語尾にゃんをあまり要求されないのかな?と書きました。
その理由は、おそらく皆さんお判りでしょう。
語尾にゃんというのは、ほとんどの人がかわいさを求めて要求するものです。
だから地声がかわいい女性に対して集中する要求ではないでしょうか。

ですが、語尾にゃんの良さを引き出すには、声がかわいいよりも前に重要な要素があることが分かりました。
それは、語尾にゃんを全力でやっているかどうかです。

声がかわいくても、その人がノリノリでなければ成立しません。
逆にかわいくなくても、明らかにどすがきいていて「にゃん」なんてタイプじゃないよという人以外は、全力でやればかわいいかはさておき、面白くなります。

放送でやって、そして聞いてみて

それで、実際にやってみたら、まあ恥ずかしいんですよ(笑)
いや、ほんとね、かわいくないから需要ないよ、むしろごめんなさいとすら思うわけです。

ですが、最初の一言を言ってしまえばこっちのもの。逆に楽しくなりました。
むしろ、語尾があるキャラというのはやっぱりかわいいのが多いので、男性にはあまり回ってきません。回っても、変な奴が多いですね(笑)
ということで、新規開拓みたいでなかなか楽しかったです。

そして、放送で改めて聞いてみると、意識しすぎたなと思っております。
やっぱり、かわいくしちゃうじゃないですか。
ただ、そこはあえて中音男性の声のまま弾けてみたら別のキャラクターになるのかなと。

教訓:追い込まれて挑戦すると形になる

まあ、そういうことですね。
もし、これが配信とかソロラジオだったら、たぶん語尾にゃんやらなかったんですよ。
たしかに私は声優ですが、自分のキャラじゃないと思うことはソロ媒体ではしないようにしているので。

しかし、今回はキャチスタで罰ゲームという状態。いわばそれをやるしかない状態なわけです。
すると、やるしかないから思いっきりという精神になって、全力が出せたんですね。

これは、なんでも同じです。
どうしても自分一人だと、自分が活躍できる自信があるフィールドでしか勝負できなくなってしまう。
そういうときは、あえて「やるしかない」環境に身を置いてみてはいかがでしょうか。

もちろん、ネガティブな強制力はよくないですが、ときには追い込まれたときの思いっきりが必要です。
ぜひ、新規開拓してみてください。

直也の語尾にゃんキャチスタはYoutubeで

その語尾にゃんキャチスタは、10月20日22時からYoutubeにて公開されます。
ぜひご視聴ください。

Youtubeで「キャチスタ」を検索するのもよし!
私の再生リストからたどるもよし(ラグあるけど)

あ、Youtubeで、「キャチスタ」って検索すると、
「もしかして、キャリスタ」って言われるんですが、違うからね!!

ではでは、本日も頑張っていきましょう!