昨日、また一つかしこくなりました。

こんにちは。見えない感情を聞く!伝える!マルチプレイヤーの直也です。

前回の記事で、wordpressに移行してから初めて外部リンクを張りました。
張ったんですが、リンクは張れてもリンクに名前をつけられなかった。
というか、付け方が分からなかったんです。

で、なんとかなるだろうと思ったんですが、さすがにブログとして微妙だったのでやり方を調べてみました。

グーグルで、「wordpress リンクの張り方」で検索して、トップに出て来た

この記事

を参考にすると、見ての通り普通にできました。
あっけなさ過ぎて、
「こんなんでよかったの!!」
「でも分かりにくいよな」
みたいな感覚でした。

で、改めてインターネットと言うのは偉大であるということを知ったわけです。

ですが、偉大なインターネットであるからこそ、情報は早めにキャッチして、自分の経験や遊んだ記録を記事にするスピード感って本当に大事なんだと思ったわけです。

「発信するのはこんなことでいいのかな?」
なんて逃げ腰になりがちですけど、
まあダメならダメで考えて、新しいことはチャレンジして公開していきたいものです。

では。

プログラミングは難しい?いえ、まずはやってみよう





プログラミングは難しい?いえ、まずはやってみよう


みなさんこんにちは。盲目のマルチプレイヤー直也です。
今日はエンジニアとして、プログラミングに触れるときの話でもしようとおもいます。

プログラミングってどんなことができるの?

そもそも、パソコンになじみのない人なら、「プログラミングって難しそう」と、プログラミングに対して漠然とした考えをお持ちではないでしょうか。
確かに、世に出回るソフトウェアやアプリを作るためには、たくさんの時間や労力も必要になるし、考える力が必要です。
プログラミングが難しいと思う人の中には、このような大規模な開発を想像している方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際のプログラミングにできることの幅は広いです。画面に文字列を1行出してみる、それだけでもプログラミングなのです。
プログラミングになじみのある方は、よく最初の1歩として、画面に「Hello, World」を表示してみるところから始めたと思います。
そうなんです。文字を画面に出すだけでプログラミングなんです。
すごく簡単な言語であれば、
puts “Hello, World”
と書くだけで画面に表示してくれます。
それ以外にも計算をしたり、音を鳴らしたり、ボタンを表示したり。プログラミングはあらゆることができます。それをくっつけて一つのソフトウェアが出来上がります。

柔軟な発想があればプログラミングはできる

プログラミングをするには理系の知識が必要。
難しそうな数学を使う。
そのようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、難しい計算は、先人がプログラミングしてくれているので、それを読み込めば使えたりします。
では、プログラミングをするにはどんな能力が必要なのでしょうか。
一番必要なのは、柔軟な発想力です。
難しい計算をするプログラムを書くことより、難しい計算を使って一つの処理を行うプログラムをかけるほうが、プログラマーとしての質が高くなります。
そのため、プログラミングは難しい知識ではなく、「これとこれを組み合わせてこれを作ろう」というクリエイター的な発想のほうが必要だったりします。
それが一人ではできないひとは、優秀なプログラマのそばにいることが重要です。
わからなければ、「こうしたいんだけどどう書いたらいい?」と聞けばいいです。優秀な人なら、「こういう処理を使ってこう書けばいいよ」と教えてくれます。

さあ、プログラミングの世界へ

プログラミングはそんな難しいことではありません。
一度みなさんも挑戦してみると、子供のころのレゴブロックを組み立てて物を作ったのと同じ感覚で、プログラミングを楽しむことができるのではないでしょうか。
みんなでいろいろなものを作って、IT社会な世の中をどんどん便利にしていきましょう。

連絡先

筆者Twitter:noy_0207

デフラグって重要

みなさんこんにちは。盲目の声優&作家の直也です。
最近作家にも力を入れ始めました。
今回は、ITのお話。
みなさんはデフラグって知っていますか?
パソコンが遅くなったらすると早くなるあれですね。
では、なぜパソコンは遅くなるのか、そして、なぜデフラグをすると早くなると思いますか?それについてわかりやすく紹介します。

物語風に流れを伝えてみる

あるところに、1代のコンピュータがありました。そのコンピュータの中では、ハードディスクやメモリやCPUなど、いろいろなものがご主人様のために活動しています。
「おおい!ご主人様が新しく入ったプログラムを実行したいらしいぞー!俺のところにおいてあるから、実行頼むよ」
そういったのは補助記憶君です。補助記憶君はたくさんのプログラムを持っていますが、その中の一つを主記憶ちゃんに渡しました。
「わかった。これを実行すればいいのね。私のほうでやっとくわ。」
そして、主記憶ちゃんがプログラムを空いてるスロットに入れて実行します。
それから、ご主人様がいろいろなプログラムを実行するたびに、補助記憶君が主記憶ちゃんにプログラムをわたし、使われなくなったプログラムを主記憶ちゃんが補助記憶君に渡していきました。
ふと、主記憶ちゃんは気づきました。
「あれ、さっき1番のプログラムを使ったんだけど、2番と3番はすでに使われてるから、次は4番?」
さらに時間がたつと、
「えっと…次はどこからプログラム実行すればいいんだっけ?空いてるスロット探さないと…。えっと…。」
そうやって主記憶ちゃんが探している間にコンピュータは遅くなり、ご主人様がいらいらしていくのでした。
ご主人様は、いらいらしながらデフラグをしてみることにしました。…すると…
「そうか。空いてるスロットが整理されて、プログラムが実行しやすくなった。じゃあ、次はこのスロットね。」
このように、使ったスロットと使ってないスロットが整理され、主記憶ちゃんはまた空いてるスロットを探すことができるようになり、コンピュータの動きも早くなるのでした。めでたしめでたし

というわけでデフラグ大事

みなさんわかっていただけました?パソコンの記憶領域を整理するためにも、デフラグは大事だし、それをすることによって動作が早くなります。
デフラグは、windows10では、PC画面からプロパティ→ツールタブから実行することができます。
ではでは、私もデフラグしにいってきます。