自分を主人公にすることと、物事の分析は世界を救う

どうも、北村直也です。
最近、ブログは少しずつ更新という形をとっています。
気になる方はぜひTwitterをフォローしてくださいね。

さて、私は声優であり、作家であり、SEです。
それらは独立しているように見えますが、どこかで点と点がつながっています。

で、最近は演技にも創作にも生かせるように、日常の分析を始めるようにしてみました。
すると、個人的な気持ちに変化があったので、今日はそんなお話。

やってみたこと

分析と言っても幅が広いので、今回はこんなことをしてみました。

  • 現実を自分物語の主人公にする
  • 物事で比較対象があれば考察する
  • 関わった人たちをキャラクターとして試しに動かしてみる

これだと良く分からないと思うので、順番に解説しますね。

現実を自分物語の主人公にする

生きている限り、状況は変化します。
自分にとって良いこと、悪いこと。自分には関係ないけど世の中の動き、友人の動き。
世界は絶えず変化しています。

その中で、自分物語においては自分が主人公なのです。

自分物語で現実を過ごしていると、壁にぶつかっても必要以上に落ち込まなくなりました。
たとえば、自分のダメなところをめちゃくちゃ指摘されたとします。
昔の私だったら落ち込んで立ち直りに時間がかかったり、
なんなら医者のお世話になったり、
愚痴をばらまいていたと思います。

しかし、自分を物語の主人公に例えて考えたら、
「なるほど。俺は今スポーツアニメでいうこの辺りで、ここがクリアできれば力もついて……」
と考えられるようになりました。

もしくは少し落ち込んだうえで、
「あいつ絶対倒す!!」
と方向転換できるようになりました。

日々を自分が主人公の物語だと思ってみたら、
なんだかワクワクしませんか?

物事で比較対象があれば考察する

「あいつに言われたらむかつくのに、この人に言われたらめっちゃ納得した」
「厳しい人から急に優しくされたら頑張っちゃう」
「自分はこっちがダメだと思ったけど、別の人は別のところにダメ出しをしていた」
などなど、同じことがあっても一筋縄ではいかないのが人間です。

しかし、実は同じことを言っていても納得できるパターンと、納得できないパターンがあるんです。
それ以外にも、考え方の違いや、モチベーションの違で受け取る言葉は変わってきます。

そこで、分析の出番です。
何か比較があるなら、とことん振り返って比較してみましょう。
「あの人はこういったから納得できたんだ」
「こういう言い方をするから、人を落としてから持ち上げるやり方がうまいんだ」
というように、いろいろなことが見えてきます。

そして、それらの要素は演技にも創作にも使うことができるのです。
なんて考察しているうちにイライラや落ち込む気持ちは吹っ飛びます。
なんなら、自分もそうしようとすら思えてきます。

関わった人たちをキャラクターとして試しに動かしてみる

二つに関連することですが、
物語の続きを想像しながら、自分の周りにいる人をキャラクターとして動かしてみましょう。
すると、自分の道もはっきりして、未来が見えてきます。

今はなかなか喋りづらい相手でも、動かしてしまえば喋れます。
そして、実は自分自身がその人にめちゃくちゃ興味を持っていたことに気づくんですよね。不思議です。

2次元でも3次元でも脇役はいない

物語には主人公がいます。
ただ、物語の主人公というのは、「スポットを当てられたキャラクター」であって、
その物語ではそのキャラクターが絶対主人公でなければいけないわけではありません。

ポケモンを見ても、主人公だけでなく、ロケット団にだってロケット団のストーリーがあります。
彼らの出会いとか、なんか興味出るじゃないですか。

3次元もそれと一緒。
みんな主人公なのです。
自分にスポット尾当てれば主人公です。

だからこそ、自分の身に何かがあったら、自分のロードを物語風に想像してみてください。
世界は開かれていますよ。

分析して他人を理解することが平和につながる

そして、他人に言われたことにたいしてすぐ怒るとか、
すぐ落ち込むとか。
最初はそれでいいと思います。いきなり言われたら感情にぐさっと来ますから。

でも、冷静になれたときに分析してみてください。
そしたら、自分のことも相手のことも分かって、結局は平和になるのではないでしょうか。

終わりに:明るく生きるためにすべきこと

ということで、自分の心境の変化とその要因についてアウトプットしながら書いてみました。

分析をすることを考えたら、今までいかに自分がてきとうに動いていたかがよく分かります。

そして、主人公になってみたら、いかに自分が自分として生きてこなかったかが身に沁みます。

新しいことを始めてみて、見える世界は美しい。
そこから、明るい未来が近づいてくると信じています。

皆さんも、ぜひ分析と自分を主人公にすること、やってみてくださいね。

それでは。

わたし、またもや限定ポジになりました!みなさんこんにちは。「見えないからできないことはITとコミュニケーションの力で解決!!」こと、北村直也です。夢って見るの大事ですよ。

自分が世界征服をするとか、有名なアイドルになるとか。
伝説の勇者になって世界を救うとか……。

おっと、物語の話は別の機会に渡すとして。
聞いてください!!
僕、日本人でまだ5人しか持っていない称号を手に入れたんですよ

その名も、
NVDA Expert certification

ちゃんと、サイトに名前も載ってるよ!

で、これが何の視覚化というと、
視覚障碍者向けの画面読み上げソフト、「NVDA」のエキスパートですよっていう資格です!!w
要するに、「NVDAのことはこいつにお任せ!!」っていう資格なわけですね。

現在、世界中に広がり始め、ちゃくちゃくと取得を始める人たちが増えております。
それで、今回私が日本人5人目の取得者だということです。

最近は資格の世の中です。いろいろな資格が出回り、
「ぶっちゃけ、何の資格が就職に有利なの?」
と思っている方も多いと思います。

IT系でいうなら、国家資格であるITパスポート試験をとっても気休め程度にしか思われない企業だって多いですし、
だったらプログラミング言語関連の特定の資格をとってアピールしたほうが良いことだってあります。

ですが、考えてみてください。
もし、ITパスポートを取得した人が高校生だったら?
なんなら小学生ぐらいだったら?

もし、英検の2級に受かっている日本人が、全員で二けただったら?

そうだった場合は、見方も変わると思うんです。
「あいつ珍しいな」
と思われることでしょう。

私が今日伝えたいのはそこです!
なぜ、声優をするの?
なぜ、新しいことが好きなの?
って聞かれたときには、
「珍しい人になりたいから」
と、答えるようにしています。

絶対数が少ないほうが、その内容が、大雑把に見て社会的にはあまり必要とされていない能力だったとしても、必要な少数の人たちが声をかけてくれるかもしれない。
私はそのポジションを目指しています。

そして、その先に、
「見えないからできないことはITとコミュニケーションの力で解決できる」
という言葉の信ぴょう性が伴うのかなあと、信じています。

あ、そうそう。
みなさんも、数少ない私のファンです。
何年かたったときに、私の昔を知りたい人と接触したら、
なんか役に立つかもしれませんね(w)

そんな冗談はさておき、
「私も続くのじゃ!!」って思ってくれた方は、
ぜひご連絡ください。
NVDAを含め、ITパスポートや英検といった試験は、傾向がわかってきて答えられます!

ではでは、今後とも応援をよろしくおねがいします。

夢見る男子

視覚障害者がラジオも持たずに東京ドームで野球観戦~工夫をすることはやっぱり大事だった話

視覚障害者が野球観戦。動きは見えない、実況もない。
そんなとき、音の法則を知ることで戦況を大まかに把握することができました。
そこからある答えにたどり着いたわけですが……

みなさんこんにちは。見えない感情を聞く!伝える!マルチプレイヤーの直也です。
本日は東京ドームにて巨人対阪神の23回戦を観戦していました。
試合の結果は、まあこの記事に関係ないので省略します(笑)

で、いつもはラジオを持って観戦するのですが、あいにく今日はデイゲームで、関東の放送局は野球中継なし。
解説がいないのにどうやって楽しめばいいのか、そんなことを思いながら試合開始!!

……すると、意外と試合の展開が分かりやすいではありませんか。
ボールの動きも、選手の動きも見えない。
誰かが実況してくれているわけでもない。
なのに、大まかな試合展開は分かるんです。
本日はそのお話をしたいと思います。

注意:あくまで東京ドームの例です

まず断っておきたいのは、本記事は東京ドームでの野球観戦が前提です。
球場によって風習がありますから、他休場では当てはまらないかもしれません。
その点をご了承いただきながら先にお進みください。

戦況の把握方法は二つ

野球の場合は、プレイに区切りがあります。
1球ごと
打者独りごと
です。

1球というのは、ボールやストライク、盗塁の失敗/成功などがあります。

打者ごとというのは、ヒットやフォアボール、アウトになります。

で、今回ご紹介するのは、打者一人ごとの結果を音で判断する二つの方法です。

方法1:おしゃべりな人の近くに座る

野球観戦に行くと、静かに見ているという人は少ないように感じます。

とはいえ、ほとんどの人が応援歌を歌っているということで、試合の話はあまりしていません。

そこで、あえて試合の話をする人が近くにいると、その人たちの会話を聞いているだけで、戦況がわかります。

今日の例で言うと、
「バントぐらい決めろよ」
というヤジが聞こえてきたら、
打者はバントを試みて失敗したことがわかります。

そのほか、
「お!取れ!取れ!よーし!!」
って聞こえてきたら、
ヒットになるかならないかのフライを相手チームの外野手が取ったんだな」
ということが分かります。

このように、試合の話をする人の近くに座っていれば、情報を得ることができます。

方法2:球場で鳴る音の法則を理解する

どちらかというと、こっちのほうがあまりなじみがないかもしれません。

実は、東京ドームでは、主催球団であるジャイアンツを基準にルールがあります。

ビジター球団の攻撃中

  • 三振に仕留めると:「ナイスピッチング」の音声
  • アウトになる:「ドドドン」と音が鳴る
  • 出塁される:特に何もなく次の打者へ

ホーム球団の攻撃中

  • 出塁する:音が鳴る
  • 得点圏にランナーが行く:チャンステーマで応援
  • 得点を取る:得点を取った時の歌を歌う
  • アウトになる:何もしない

総合すると

これらの情報を組み合わせれば、自分のチームの攻撃がアウトになったかどうかを把握することができます。

また、バットに当たったかどうかや、
打った後の盛り上がり度合いで、
フォアボールとか、ツーベースなんかが分かるときもあります。

ただ、どうしてもわからないこともある

音だけでは分からないこともあります。

たとえば、得点のシーン。点数が入ったことは分かりますが、何点入ったかまでは把握することは難しいです。

同じように、アウトが一つではなく二つの場合も判断は難しいです。ワンアウトからスリーアウトなら分かりますが、
ノーアウトからツーアウトはなかなかわかりません。

今日の試合では、打者走者の走塁死はまったく気づきませんでした。

あとでもいいことはスマホで追う

得点が入った時、同点や逆転でない場合は、その場で何点入ったかどうかを知る必要はあまりありません。
そういうものは、時間がすこし経ってから野球速報関連のアプリで確認するのがいいです。

その場で分からなくていいことは、あとで一気に確認しましょう。

今回の経験を通して~工夫をすることを忘れてはいけない

今回、視力もない、実況もない状態での野球観戦ということに挑戦をしたわけですが、なかなかうまく行って自分でも感動しております。

最近はスマートフォンを中心にしたITの普及で、視覚障碍者用のべんりなアプリやアイテムが開発されはじめています。
それ自体はとてもいいことです。

しかし、これらが登場する前から、我々はずっと生きています。
それは、工夫をすることを怠らなかったから。

点字がついていない、音声がない機械でもボタンがあれば、押す回数を覚えたり、
道が分からないなら人に聞いたり、
市販のゲームだって、周りと一緒にやりたいからという理由で音と記憶を駆使してプレイしている人もいます。

どうしても、不便なことがあると技術革新に頼ってしまいがちですが、まだまだ工夫をしていくことも忘れてはいけないなというのが今回の感想です。

工夫をできれば、もっと世界が広がるはずだから。

最後まで読んでいただきありがとうございました。