入社1年目からの仕事の流儀を読んで会社員時代を振り返ってみた



1週間かけてこんな本を読んでいました。

入社1年目からの仕事の流儀
柴田励司
大和書房
2016-09-22



これは、主に新卒で入社した人が仕事をするにあたってどのような心掛けを持てばいいのかについて解説した本です。
わたしは2年間会社員として企業で仕事をしていましたが、そのほとんどが自分にとって不本意なものでした。
では、なぜそのような結果になってしまったのか。その答えがこの本を読むにつれて見えてきました。
別に前の会社に未練があるというわけではありませんが、今後フリーランスをするにも会社員に戻るにも、この時の経験ってすごく重要だったんだということに気づいたのでシェアします。
これから社会人になるひと、社会人になったばかりでうまく行ってない人にこの記事を読んでほしいです。

新卒は怒られるのが当たり前だと考える

仕事を始めると、当たり前ですが最初はわからないことばかりです。仕事というものをしたことがないし、ものすごく頭がいい人でも、入社したてでは何もわかりません。
これは新卒に限らず、途中で人事異動になった人、転職した人も同様です。
その時に、怒られないように頑張るのではなく、
「怒られて当たり前。言われたことを反省する」
という思考に持っていくことが大事だと気づきました。
わたしは新卒で入社してチームに配属されましたが、初めてやったミスに対して、先輩からものすごくしかられたので、それ以降ミスはしてはいけないと思い、慎重に業務を行うようになりました。
それ自体はいいことだとは思うのですが、逆に神経を使いすぎて1日仕事をこなすのがやっとになってしまい、評価は上がりませんでした。
もちろんミスをしないことは大切ですが、新卒のうちに失敗をしておくことは大切です。
実際問題、そのあと大きい仕事を任されるようになってからミスが目立ち、結果的に評価がもっと下がりました。

人がやりたがらないことをやるのが大事

どうしても仕事をしていると、楽な法に行きがちです。
でもそれではだめだし、逆に単純作業も仕事の一つです。
そういう意味で、誰もやりたがらないことを進んでやることによって、成長できたのかなって思います。
わたしは目立つほうではなかったし、人をまとめるのが苦手だったので、自分の仕事はこなすけど、会議のセッティングや新規業務のミーティングに同行することなどのことは避けてきました。
実際うまくいかなかったではまずいですが、新卒のうちであれば大人もフォローしてくれるので、新卒で若いうちにいろいろな仕事に挑戦して経験値を挙げておくべきだったと今になって後悔しています。

蒸気を踏まえて考えたこと

ほかにも振り返りたいことはたくさんありますが、ともかく会社員だった2年間は自分では不本意でした。
うまく行っていたときなんて半年間だけだったとおもいます。
その経験をこれからどう生かすのかはまだわかりませんが、2度と同じことは起こさないように、この本は時々読み返してみようと思います。
みなさんが、もしこれから社会人になって会社に勤めるとなったときに、入社1年目からの仕事の流儀と、本記事が役に立つことを願っています。

好きなことだけで生きていくってすばらしい

みなさんこんにちは。全盲声優の直也です。
みなさんは今好きなことをできていますか?
それとも、できずにただもんもんとすごしていますか?
今週の火曜から木曜にかけて、以下の本を読んでいました。



私はこの本を読んで、好きなことで生きていくにはいろいろな覚悟とステップが必要なんだなと学びました。

好きであれば熱中し、油断をしない

これはごくごくあたりまえのことですが、やりたいとおもったことはやってみる、熱中するということがかいてありました。
そして、熱中できるようになったら、それで油断をしないとの記述があり、なるほどな。と。
私は声優活動をしていますが、毎日何時間も時間をかけることなんかなくて、少なくてもいいから毎日やろうというスタイルです。
ですが、好きなことをしているときって、時間を忘れて熱中するときだっていう記述を見て、たしかにそうでした。
この本を読んでいた時も、パソコンに向かってプログラムを打ち込んでいるときも、つねに時間を忘れ、親にご飯に呼ばれるまで行っていたということがざらにありました。
そう、本当に熱中しているときってそういうときなんだとおもいます。
では、実は私は声の演技が嫌いなのかといえば、そうではありません。
時間を忘れて熱中しているときだってあります。
ただただ短いナレーションをひたすら読みまくって、自分の納得いく読みを探し続けたこともあります。
ですが、ミッションを達成した時、ふと油断してしまうんです。自分の満足する読みができたから大丈夫だと。
だから、好きなことだけで生きていくだけの成長ができていないんだなって思い知らされました。
自分に甘えない。油断をしない。それを今から頑張ります。

何かに熱中している子供をとめない

私はまだ親ではありませんが、著者の堀江さんが、「熱中している子供を親はとめてはいけない」と記述していたのに感銘を受けました。
子供といえば、遊びに夢中になったり、ひたすらゲームをしていたり漫画を読んでいたり。それを親がとめて、「勉強しなさい」ということが日常ですよね。
私もそうでした。中学のころからPCがすきで、PCに熱中していて、親に怒られたものでした。
確かに、学校で宿題が出たり、テストがあったり、子供が好きなことばかりできる環境になっていないのが事実かもしれないです。
というより、大事な勉強もありますからね。
でも、たとえばPCが好きでプログラミングをやってみたいとおもっていた私が、中学のころにプログラミングにのめりこんでいたとしたら、今の状況は変わっていたかもしれません。
もちろん、その場合声優という職業も目指してなかったと思いますが。
きっと、熱中できるひとは、その分野についてしっかり考えられる能力を持つ人です。
なので、熱中するのも悪くないと思います。
学校の勉強だけやっても、イノベーションとか革新的なアイデアは思いつかないですから。
子供たちは、もっと自由に生きてほしいなって思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

小説 「初恋の絵本」の感想

みなさんこんにちは。直也です。
サウンド以外にブログを更新しようと思いまして、まあ何ができるかっていったら、本を読んだ感想ぐらいしか書くことがなかったのですが、
それぞれ思うこともあるのでシェアしていきたいと思います。
今回取り上げるのは、HoneyWorksさんの、初恋の絵本という作品です。
みなさんはHoneyWorksシリーズを知っていますか?
これは、もとはボーカロイドで作られた音楽を届けるクリエイター集団だったのです。
そして、その彼らが作った曲が小説になっています。初恋の絵本はその一つです。
HoneyWorks、略してハニワシリーズでは、ほとんどの作品が一つの高校が舞台になっております。そして、初恋の絵本では、美桜ちゃん、春輝君の恋愛が描かれています。
二人は入学した時から仲良しだったのですが、あるときお互いに好きな人がいると知って、自然と距離ができてしまいます。
もちろん、その好きな人というのは、お互いのことです。つまり、勘違いから距離ができてしまったわけですね。
それから二人はどうなっていくのかという作品なのですが、
いつだって思いは誤解のないように伝えなければいけないとおもいました。
とくに二人とも繊細なので、好きな人について誤解してしまったんだと思います。
それでも、二人はずっとお互いのことを思い続け、お互いが表現できる方法でつながっていきます。
みなさんは、今好きな人はいますか?
その好きな人に思いを伝えるにはどのような手段が適切だと思いますか?
最近では歌にして伝えるという手段が取り上げられるようになりました。それも一つだと思います。
私だったら、ちゃんと告白したいなあなんておもいます。まあ、その前にいつも好きって悟られちゃうんですけどねw
恋愛でも友達関係でも、気持ちは伝えなきゃいけない、でも伝える方法は一つではないとおもいます。
なので、ぼくもこれからブログを活用して、本の感想を通して思いを伝えていけたらよいなと思います。
一緒に生きやすい世の中を目指しましょう!
率直なコメントお待ちしています。
最後まで読んでくださりありがとうございました。