周りの反応から4年間の成果を振り返る

視覚障害を持つ声優として挑戦を続けていますが、始めた当時を振り返ると、今ほど共感はされていなかったような気がしました。
今回は、それぞれの立場の人たちが当初と今、私に対してどういう見方をしていたか、
反応を受けた私自身の振り返りをシェアします。

みなさんこんにちは。
見えない感情を聞く!伝える!マルチプレイヤーの直也です。

前回、「視覚障害 声優」というワードで検索するとこのブログ出てくるよっていう話をしました。
じゃあ、出てくるようにはなったとして、発信しはじめてから効果あったのか?
そんな疑問を抱く人たちも多いと思うので、今日はそんな話をします。
なお、今回はブログの話だけでなく私が使用しているSNS活動全般のお話です。

最初は「声優を目指しています」発信だった

私が今の事務所にお世話になり始めたのが2016年。気づけば今年で4年目になります。
その前の年に養成所に通っていましたので、「声優」関係全体で考えると5年目です。

養成所に入所する直前、前のtwitterアカウントを削除して新しく始めました。それが今のアカウントです。
まあ、今思えば変えたからと言ってなんだかんだ何も変わってないので、変えなくてよかったかも?w

最初は、「声優に挑戦する」という発信が主だった記憶があります。
もちろん養成所の生徒でしたし、今よりも夢要素が多かったのかなと。
そしてなにより、そのころはまだまだ「視覚障害者の声優挑戦」について始めたばかりでしたので、今ほど確信は持てていなかったような気がします。

周りの反応:障害当事者から

その頃の障害当事者からの反応は、
「頑張ってね」が大半、少しは、
「私も頑張らなきゃ」みたいな反応もありました。

要するに、まだまだ現実味を帯びていなかったけど、挑戦するならぜひ頑張ってほしいというニュアンスだったと思います。
ちょうど就活の時期でしたから、まあ仕事しながら頑張ればいいんじゃない?みたいなニュアンスですね。

周りの反応:視覚障害者以外から

その頃は両親・大学の教員・ボランティアの方を初め、今のようにSNSで視覚障害当事者ではない人ともかかわりがありました。
そちら方面からの反応は視覚障害当事者と同じように、「頑張ってほしい」と言ってくれる人はいましたが、若い人ばかりでした。
私より年上のバリバリな世代の人たちなんかは否定してきましたね。
まあ、そういう世代なんでしょうけど。

では、今はどうか

今はどうかというと、「頑張る」だけの発信ではなく、

  • 声優挑戦への思い
  • 実際に見つかった課題
  • 支援してくれる人たちへの感謝
  • 出演作品の宣伝
  • 心がけていること

といった形で、現実的というか、活動しているからこそ言えることを発信できるようになりました。

もちろん、それは経験値が高まったからだとも言えます。

反応の変化:視覚障害当事者から

反応の違いも明らかです。

視覚障害当事者の人たちからは、こんな反応がありました。

  • 実は自分も声優に興味があるから話聞きたい
  • 同じように挑戦していきたい
  • 尊敬する
  • もっと頑張ってほしい

並べてみると照れ臭いですよね(笑)。
そういうことなんです。
「やりたい」が、「やっています」に変わったから周囲の見方も変わり始めました。

周りの反応:業界内の人

業界入りして、とくに去年からたくさんの方と出会うようになりました。
それは新しいワークショップやレッスンがきっかけです。

みなさん、優しく接してくださるのはもちろんなんですが、しっかり愛のむちもきます(笑)。
やってることはすごいけど、声優としてまだまだなところはしっかり指摘してくださいます。

それは、すべてが手探りでお互いによくわかっていなかった4年前とは違い、対話を重ね、お互いに試行錯誤をしてきた結果なのかなと思います。

周りの反応:身内やネットの当事者ではない人たち

そして最後に。視覚障害者でもなく、業界関係者でない人たちも、私の活動を応援してくれる人が増えました。

それは最初に反対していた人であり、最近出会った人もいます。
挑戦について褒めてくださる方がほとんどです。
そういう意味では、すこしずつ勇気を与えることはできているのかなと。

今後の課題

では、様々な立場の人たちからの見方が変わり始めた私がこれからどうすればいいのか。
課題は二つ。

声優としての支持率を上げる

挑戦している人として応援されることが増え、日に日に知名度は上がっています。

しかし、技術的にはまだまだな自覚はしていますし、だからこそ業界内からの愛のむちを暖かく感じています。

仕事を得るには「人間力向上」とはよく言われますが、もちろん演技の技術もこれからどんどん上げていきます。

挑戦する思考についての発信

もう一つ。たくさんの人に勇気を与えるという目標の中で、やはり発信はしなければと考えています。

それは今やっていることもそうですが、人が夢をあきらめる理由にフォーカスして、解決手段について提案していきたいなと考えています。

というのも、私がここまで活動をできるようになったのには二つの要因がありました。

  • ITスキル
  • アピール力

まず、IT関係のスキルがあったからこそ、「現状ではできないこと」をITで解決する手段を生み出すことができました。
点字ディスプレイで台本を読むのが、まさにこれです。

次に、アピール力というのは技術的なアピールではなく、思いのアピールです。
自分は未経験だし、障害者だし、などと思っていて消極的になっても始まりません。
「こういうことがやりたい」と、発信もして、なんなら関係者に直接連絡を取ってみることが大切です。

おいおい話をしようと思いますが(たいていの人は知ってるかもですが)、私が今の事務所に入ったきっかけは1通のメールからでした。
成し遂げたいことがあるなら、ぜひ何度もアピールしてほしいです。

まとめ

ということで、私はまだまだ手探りですが、少しずつ周りの印象を変え始めています。
これからも突き進む方針は変わりません。

その中で、声優じゃなくても、視覚障害ではなくても、私の後に続いて夢に挑戦する人たちが増えていく社会にしていきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ご意見・ご感想は、ぜひTwitterかメールでご連絡ください。

「視覚障害 声優」といえばやっぱり俺らしい

みなさんこんにちは。見えない感情を聞く!伝える!マルチプレイヤーの直也です。

最近は声優や作家をする過程での記事をあまり書かないし、
なんなら別のMLで情報提供ばかりしていてブログがてきとうになってしまっていたのですが、
ちょっとしたできごとがあり、ブログはやはりやらなければいけないなあと思ったのです。

その出来事とは。

知らないうちに上位表示?

さてさて、ブログに力を入れられていないという話をしていましたが、
とはいっても発信は重要だと思うので、裏でSEOの勉強をしておりました。

まあ、勉強とは言っても、特定のキーワードから判断して、ニーズを把握して記事を書くみたいな話です。

もちろん、それがめちゃくちゃ難しいので、これから試行錯誤していくわけですが。

試しに、「視覚障害 声優」でGoogleを検索してみました。
定期的に検索しては結果をツイートしている私です(笑)。別に、ナルシストじゃないですよ。

で、ですね。検索したところ、

  • 前々から知っていた知恵袋のページ
  • 視覚障害者柔道を取り上げたアニメ
  • 田村ゆかりさん関係

があるわけですが、ずいぶん前から私のTwitterも表示されるようになりました。

で、そこまではいつも通り。
その下に、なんか見慣れたものが……。

そうです。このブログです。
その昔、「視覚障害を持つ声優としての挑戦」と題して記事を書いていたのですが、
うまく書こうとしてしまっていて続いていませんでした。

ところが、そのカテゴリだけがピックアップされ、5番目ぐらいに表示されていたのです。

考えられる理由

では、なぜ記事を更新していないのに表示されたか?
おそらくですが、このブログをライブドアから、WordPressに移行したからだと思います。

前々からライブドアのブログはあまり表示されず、ライブドアやる前にてきとうに使っていたこちらはがっつりと検索にヒットしていました。
こっちのほうが検索受けがいいんですかね。

上位として誇りを持つ

さて、それを知った時、私は思いました。

ニーズはどうであれ、上位表示されているからには、私は発信していきたい!

「視覚障害 声優」というワードで検索をする人は、おそらく視覚障害を持って声優に興味がある人でしょう。
ひょっとしたら、周囲から無理だと言われて、検索するという発想すらない人もいるかもしれないですね。

それでも、最近は知恵袋に、視覚障害でも声優になれるかといった質問が投稿されるようになっています。

私は、毎日検索をしているわけではないので、そのような投稿を見つけるのは大体回答が締め切られたあとで、IDは非公開の人の投稿ばかりです。
よって、そのような悩みを抱えている人にちゃんと発信できていないということを実感する日々でした。

もし、グーグルで検索する人がいるのであれば、そのときに私の知っていることだけでも伝えたい。
だからこそ、上位表示されているかぎりは発信を続けていきたいですし、勇気を与えることになればいいかと思っております。

視覚障碍者の声優挑戦に限った話にしないために

さて、こういう発信って、視覚障害があってもこうすれば声優として活動ができるということだけにとどまらない発信だと思うんです。

広い意味でとらえれば、一見できないと思われても工夫すればできることがあるということなんです。
それがたまたま声優だったってだけで。

障害者に限らず、何かに挑戦したくてもいろいろな理由でできないと思ってしまう人が多いです。
それでも、まずはできるんだと思ってほしい。
なにかに挑戦したくて、ITの力を借りて解決できるのであれば、私も相談に乗れるかもしれない。
それ以外なら、それこそ検索してみれば例があるかもしれない。

「諦めるという言葉は俺の辞書には載ってない」
なんていう名言がありますが、
ぜひ、人類の辞書から「諦める」を削除できるように発信頑張ります。

TwitterからDMでも、メールでも、気軽にご連絡ください。
では。

視覚障害を持つ声優としての挑戦~養成所のオーディションを受けるに際して選択肢を持つ



みなさんこんにちは。盲目のマルチプレイヤーの直也です。
連載の第1回ご覧いただけましたか?
具体的にどういう状況から声優を始めたのかがわかっておいたほうがいいと思って私のことを書かせていただきました。
第2回の今回は、養成所のオーディションを受けるに際して選択肢を持つということで、相手の出方はひとつではないということから、いくつか相手の出方によるこちらの行動パターンの例を書きます。
なお、私の経験の時系列的には養成所オーディションの前に短期セミナーがくるのですが、これについてはオーディションの後のレッスンの話をするときに合わせて書こうかと思っています。

目次

  1. 選択肢を持つ:養成所オーディション編
    1. 養成所オーディションの形態
    2. 事前に送られてきた台本を自分が読みやすいようにする
    3. 当日台本の場合は書き写せるように準備する
    4. 事務局とのまめなやり取りをする
    5. 断られるのは当たり前:ターゲットを一つにしない
  2. 事例:とある養成所のオーディション
  3. まとめ
  4. お問い合わせ先


選択肢を持つ:養成所オーディション編

声優になるには、まずは事務所に入らなければいけません。フリーで活動する選択肢もありますが、最初は事務所に入っておくのがいいでしょう。
これは我々視覚障害でも例外はなく、むしろ障害を持っているからこそ事務所に入る必要がありそうです。
ですが、養成所に入るにはほとんどの場合オーディションがあります。そのオーディションの段階から、視覚障害を持っていると苦戦を強いられることになります。
まずはオーディションの形態を紹介し、それにたいするいくつかの対策を述べます。
その後、じっさいにあった事例をもとに私の行動を紹介します。

養成所オーディションの形態

養成所のオーディションでは出願者の適性を判断するために様々なことが行われます。
場所によってはそこでの成績を踏まえて特待生(授業料免除・割引)であったり、飛び級(上のクラスからスタート)などの査定を行っていることもあります。
私が今まで受けた事務所2社、養成所ひとつも、それぞれオーディションと査定がありました。
オーディションで何を導入するかは事務所や学校によって様々です。

  • 書類審査
  • 面接
  • 自己PR
  • 課題セリフ
  • 歌唱

などでしょうか。
某有名養成所では、漢字の筆記試験があるようです。
まず、自分が受けるところがどのようなオーディションを行っているかを調べておく必要があります。
そして、確認後に、そのオーディションを受けるためにはどのような配慮をしてもらう必要があるかを考え、事務局にメールか電話で問い合わせをするのが一番ベターなやりかたです。
では、次から具体的な対策を述べていきます。

事前に送られてきた台本を自分が読みやすいようにする

これはオーディションに限らず、仕事をするにあたって必要なことですが、台本が事前に送られてきた場合は自分が読みやすいようにしておきましょう。
私であれば点字に変換するのはもちろん、点字でよどみなく読めるように中身を加工します。
その準備をいかにしているかが、声優としての人生をどれだけ充実させられるかにかかってきます。
後述しますが、オーディションを受けられることそのものが、視覚障碍者にとっては貴重な機会です。
おそらく、そのような事務所ですから、多少は視覚障害が理由で台本をうまく読めなかったみたいなことが起きても多めに見てくれるとは思いますが、少なくとも査定は一番下になります。
さらにいえば、現場ではそれは通用しません。
自分にとって読みやすい台本は、自分で読んでみなければ作れません。私のように、間があるところで点字を改行するのもひとつの手です。
最初は大変かもしれませんが、なんども読んで変えてを繰り返しているうちに、自分が読みやすい台本のパターンが見えてきます。
万全の準備をして当日に臨みましょう。

当日台本の場合は書き写せるように準備する

とはいえ、実は事前に台本をもらえるオーディションは少ないです。代替が当日台本です。
当日台本の場合、
「視覚障害があるから事前に送ってほしい」
と要求してもおそらく通らないと思います。
というのも、おそらく審査員は初見台本を見る力も審査対象にしているため、不公平が生じてしまうからです。
私はそう思ったので、当日台本を事前に送ってほしいと要求したことはありません。
ではどうするかというと、当日スタッフに台本を読み上げてもらい、手元に書き写せばいいです。
養成所のオーディションで使われる台本は掛け合いでもないですし、わりと短めなものがおおいので、読んでもらって書き写すことは簡単にできます。
しかし、それをするには指定された面接時間に会場に行ったのでは間に合いません。
そこで、
「早めに行って台本を書き写す時間が欲しい。書き写すので台本を読み上げて欲しい」
と事務局に問い合わせをします。
すると、事務所はここまででこちらが視覚障害であることを理解していますから、ほとんどOKしてくれます。
もちろん、事務局的にスタッフ不足であることをという理由で許可されないかもしれませんが、その場合はこちらが付き添いを立てればいいでしょう。
付き添いを立てる場合は、あくまで、「代読してくれる人」ということを明示します。
そのようにしないと、付き添いの人が演技のアドバイスをすると思われる可能性もありますので。
代替ここまできていれば、障害を理由に落とされることはないでしょう。
障害を理由に落とすところはその前に出願そのものを拒否します。

事務局とのまめなやり取りをする

ここまで何度も書いていますが、オーディションを受ける場合は事務局とのやり取りが不可欠です。
事務所に入っていれば、マネージャーや担当になった人がバックアップしてくれることもあるでしょう。実際私の事務所はそうです。
ですが、養成所オーディションの場合は、自分でなんとかしなければいけません。そのためにも、不安なことがあれば事務局に連絡するのが大切です。
オーディションの内容については答えられないと言われてしまうかもしれませんが、何か気になったら問い合わせをしてみましょう。
なお、私の経験ですが、入所後に必要な配慮についても先に伝えておくといいでしょう。
そうすることによって、事務局側も受け入れ態勢のイメージがつきやすそうです。
私の場合はうかってから電話で打ち合わせしました。

断られるのは当たり前:ターゲットを一つにしない

私に問い合わせをしてくる人たちが言うのは、
「養成所に入所を断られてしまったため、声優はできないと思っていた」
ということです。
私もそれについてはたくさん経験があります。
ただ、この世界は断られるのが当たり前なんだということを何年も活動していて実感します。
養成所側にもいろいろな事情があったり、単純に視覚障害に理解がない、視覚障害について考えすぎている、などなどともかく断られる理由もいろいろです。
私にたいして断ってきた養成所の返事をまとめると、

  • そのような制度がない
  • 設備・スタッフ面で整っていない
  • 扱っている案件がアニメ・外画が中心のためナレーションやゲーム分野での活動にサポートできない

という形になります。
上の二つに関しては、企業などにもある一般的な視覚障害への理解不足です。
ただ、3番目に関しては唯一まっとうな理由だと思います。これは、たとえばぼくが視覚障害ではなかったとしても、ナレーションやゲームで活躍する声優を目指していたとしたら落とす理由にも使えますから。
それで、いろいろな事情で断られるのはこの際もう当たり前です。
それでも、ぼくが通った養成所や、所属している事務所のように受け入れてくれるところもあります。ほかにも何社かいい返事をいただいていました。
選択肢をひとつにしないでください。たくさん事務所があって、何社もメールなり履歴書なり送ればいいと思います。
また、最初はだめでも、やり取りを重ねることで受け入れてくださるケースもあります。相手がどのような理由で断ってきたのかを見直しながら、代替案が提案できそうだったら積極的に提案してみましょう。

事例:とある養成所のオーディション

私は今まで養成所のオーディションを2回、事務所のオーディションというか面接を1回、ドラフトオーディションを1回受けています。
最後のドラフトに関しては、養成所の卒業オーディションという形態だったので、事務関連はすべて事務局任せでした。
しかし、それ以外は自分で連絡をとったものなので、やり取りはすべてひとりで行いました。

とある養成所に入所を考えたとき、その養成所のホームページを見ると、
1次審査:書類審査(願書・自己PR)
2次審査:面接(自己PR・課題セリフ・質疑応答)
とありました。
1次審査の書類の時点で、いくつか聞かなければいけないことがありました。

  • 自己PRは手書きではなく印刷で良いのか
  • 入所試験・入所後の配慮についてどう記載するか

養成所では聞いたことはありませんが、中には手書きの書類しか受け付けていないところもあります。まあ、その場合はきっと表記されているとは思いますが、念のために聞いておくべきでしょう。
そして、配慮してほしい事項がいくつかあると思いますが、大学入試などを経験した方ならわかる通り、特別措置の申請が別書類になっていることもあれば、会社に送る履歴書のように自己PRに明記する場合もあります。
おそらく前例がなければ事務局も考えてはいないと思いますが、特別措置の制度が万が一存在していたりしたら勝手な判断はよくないので、問い合わせてみましょう。
私の時は、自己PRの印刷は問題なしで、特別措置に関してはどちらの記入方法でもいいということでした。
これぐらいの問い合わせであれば、メールでも電話でもいいと思います。私は、その時はメールを使いました。
結局、出願書類の記入を父にお願いし、自己PRは自分でワードで書き、印刷したものを同封して郵送しました。

さて、めでたく書類が通れば2次審査に行くわけですが、その時に、内容を確認してから事務局とのやり取りを続けます。
台本が事前に送付されていれば自分の見やすい形式にし、そうでなければ、事務局に電話をして先に書き写す時間を作ってもらいます。
私の場合は、当日台本でしたので、事務局に電話して、事情を話したうえで書き写す時間を作ってもらいました。
実際当日に行ってみると、スタッフさんに会議室に通され、しっかり課題セリフの確認をすることができました。
やはり、自分がしてほしいことを相手にしっかり伝えるって大事ですね。

その後合格をいただき、入所後のやり方についてスタッフと電話で協議しました。これについては、後程別の回で書いていこうと思います。
あ、しゃれじゃないですよ。

まとめ

ここまで、オーディションの選択肢を増やすことについて伝えてきましたが、結局は、

  • できることは自分で合わせる
  • できないことは依頼する
  • それで断られてもあきらめない
  • わかってくれるところは必ずある

ということです。視覚障害だけではなく、いろいろな病気や障害に言えることですし、声優業界だけでなく、学校や会社、イベントなどにおいて言えることです。
また、断るところも断るなりの事情があったり、そもそも障碍者の使いどころを知らなかったり、実際できると思っていないというケースもあります。
そこは私たちが中心となって、「こんなこともこうすればできますよ」て中心になって伝えて、訴えていきたいと思います。
当事者が立ち上がることこそが法律を超えて世の中を動かすことだと思うので、ぜひ一緒に行動しましょう。
それでは、今後ともよろしくお願いします。

お問い合わせ先

私への質問・コメントはブログのコメント欄、ライブドアのメッセージか、twitter,メールで受け付けています。

twitter:

mail:
naoyaoffice\gmail.com
(\を@に変えて送信してください)